feliz(フェリース)で失敗するパターン4つ

結婚の為の出逢い方  2016年6月28日  Ritchy  1,667 views

その1 プロフィールを入力しない

feliz(フェリース)に登録すると、折を見てプロフィールを充実させようという案内がありますが、これは入力しないと満足に恋活・婚活が出来ないからです。異性のプロフィールを見たら分かると思いますが、結構充実している人が最初の方に出てきます。
これはつまり、feliz(フェリース)ではプロフィールを入力している人を優先的に表示しますという意思表示だと思いますし、真面目に使う人のことを考えた方針だと思いますので、必ずプロフィールはしっかり入れたいですね。

その2 出会いを急ぎ過ぎる

feliz(フェリース)の利用者の全てがそうともいえませんが、多くの方が恋活・婚活目的で利用しています。つまり、出会い系で良くあるような「即会い、ヤリ目、暇つぶし」的な利用者とは利用のペースも違います。
また、利用者層も真面目に仕事をしているビジネスマンやOLが多い事もあり、忙しい時期には連絡が遅れがちになったり、途切れたりすることもあるようです。
出会う事もそうですが、連絡先交換なども普通の出会い系サイトとはスピード感が全然違いますので注意してください。
また、そういう風にせっつく人というのは、逆に好まれないサービスだと認識した方が良いかと思います。

その3 何もしないで待っている

出会い系サイトだったら、向こうからアプローチも沢山(サクラか一般人か別として)来るでしょうし、足あとも沢山ついたりします。特に掲示板がある出会い系サイトだったら、書いておけば目立つように表示されて、それを見てくれる人が沢山寄ってきます。
ですが、feliz(フェリース)ではそんな事はまずないと思って良いでしょう。
よっぽど凄いステータスや美男美女で無い限りは、feliz(フェリース)で「いいね」をもらえたりしないです。これは実際に登録して半年ぐらい使ってみましたが、「いいね」が来るのは、月に1回未満ですし来ても40代のバツイチとか…理想とは大きくかけ離れた人からのアプローチしかこないです。
気になる人にはこちらから積極的にアプローチしないと、feliz(フェリース)では出会うことが出来ません。真面目に恋愛・結婚を考えているのでしたら、自分の将来に向けて大事な事だと割り切って、feliz(フェリース)では積極的にアプローチしましょう。

その4 メッセージ交換の積極性が無い

これは良くやりがちなのですが、お互いに「いいね」をして、マッチングが成立したあとの一通目で「いいね、ありがとうございます」ぐらいの挨拶で終わってしまう事。
お互いにこのやり取りをした後に止まってしまうことが多いです。せめて、どういう所が気に入ったとか、趣味の話など、もっと言えば定番の質問で終わるなど、積極的に会話を続けていく意欲が無ければ、なかなか会話が進んでいかないです。
これまで、出会い系でスムーズに会話できていたのに…と思っている人がいるなら、これまでの会話の相手はサクラかも知れないですね。
feliz(フェリース)のコミュニケーショは大人同士の会話スキルを問われる様に感じます。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事