「サクラしかいない」と「見向きもされなかった」は紙一重

大人の出合いの罠  2016年9月30日  Ritchy  2,261 views

そのサービスに本当にサクラいますか?

普通に考えてサクラなんていなさそうなサービスの評価として、「サクラばっかり」なんて書かれていることがあります。不思議に思っていたのですが、ようやくその謎が解けました。
優良なサービスなのに「サクラばっかり」なんて評価を出す人というのは、実はサービス内で「全く相手にされなかった」人なんじゃないかと。「全くレスがない=サクラしかいない」という答えになるのも納得できます。

要はキャッシュバッカーのような、お金を使わせるサクラはいないけれど、賑やかしで入れているキャラクターばっかりいるんじゃないか?という風に思っているんでしょう。
正直に言うとこの判断は間違っています。あなたの価値ってそんなに高いのでしょうか?

魅力ある自分を出せていますか?

日常で逆ナンパされまくるようなイケメンだったら、出会い系サイトや婚活でも興味を持ってくれる人は多いですけれど、日常でも大半の人が興味を向けてこない自分が、ネットの世界に入ったらめっちゃモテるなんてありえないです。

サクラがいないから出会えないなんていう暇があったら、少しでも好感度を上げるように努力をしてみてはどうでしょうか?
サクラが…サクラが…と言っている人は、うまくいかない原因を自分にあることを認めたくないので、他人に押し付けているのでしょう。
では、そんな人間がモテるのか…?というと聞くまでもないでしょうね。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事