feliz

felizでトントン拍子で出会えた必勝法

婚活アプリ  2016年8月20日  Ritchy  1,474 views

男性はまずは課金、女性は年齢確認をしよう

課金をしろと書くと、「運営の回し者め!」などと罵られそうなのですが、実はちゃんとした理由があって課金をしろと言っています。
これは、felizに限らずpairsでも一緒なのですが、課金をすれば(女性は年齢確認をすれば)相手がもらった「いいね」の数がわかるんです。つまり、競争率の低い相手が分かるのでそこを狙ってこちらからアプローチをかけることで、出会える確率が一気に上がるんですよね。
狙いどころが分かるだけでも、男性は課金している価値はあると思います。また、月額会員になっただけでメッセージはし放題になるので、felizで出会いたいと思っているのでしたら、前もって課金をして何も損はないかと思います。

「いいね」のねらい目は件数0の相手

相手のもらった「いいね」数が分かればやることは一つです、競争率が低いところを狙ってどんどん「いいね」を送っていくことです。
サービスに入っての一番目のアプローチというのは、相手もうれしいので若干メッセージまでのハードルが下がっています。つまり、ちょっと自信がなくってもマッチングをしてメッセージ交換まで行く率が非常に高いんです。
競争相手がいなくて、相手のハードルが低いっていうチャンスをしっかりと生かすためにも、こまめにログインをして、ざっと新規会員を見回しては「いいね」をするというのを習慣づけたいですね。マッチングするまでは、多少外見が好みではなくってもガンガン送ってみた方が良いです。
メッセージ交換の雰囲気とかを知っておいた方が良いですし、合わなかったらフェードアウトしたらいいことなので。

マッチングしてしまったらこっちの物

男性の場合は一度に何人もメッセージ交換が普通なのですが、女性の場合は基本的には一人に絞ろうとする傾向があります。それは、婚活というのを強く意識しているんで、一人の相手のことをしっかりと知ろうするからでしょう。
相手が男性の場合は、一番最初に捕まえてしまってしっかりと仲良くなっておくことで、連絡先を交換してしまえば他に目移りをしなくなりますし、同じことは女性にもいえることでしょう。
急ぎすぎるのはもっての他ですが、マッチングしてしまったら早く仲良くなることを心がけておけば、他の人に目移りする間もなく一緒に退会なんてことも不可能ではありません。

もしメッセージが途切れたら?

意外とメッセージが途切れた時に多いのが「嫌われたかも?」と思ってこっちも連絡をしないことですね。何回かこっちから送ってみて連絡がないのだったらわかるのだけど、社会人が相手だったら仕事が忙しい時期とかあって当然。
例えば決算期とか年度末とか、資格試験の途中とか、他にも仕事が急に忙しくなり残業続きなんてことも普通にあり得ます。つまり、お互いに気をつかってしまって連絡が途切れただけで、相手の気持ちは切れていないというのが普通にあり得るのです。
チャレンジはいくらでもできるので、メッセージが切れたから脈がないと思うのではなくて、連絡をこちらから送ってみるのも一つだと思います。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします